★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.12 八ヶ岳編笠山登山
11/8に平日休みが取れたので、温泉とセットでトレッキングに行ってきました。

せっかくの平日休みだし、大樹も最近山歩きしてないし、ってことで、どっかないかなぁ…ってままさんが。
ついでに、温泉でゆっくりしたいなぁ…と言うことで探してみました。

どうせなら、ちょっと高くて、眺めのいい山がいいなぁってことで、私が以前行った、八ヶ岳の編笠山にしようと決めました。
以前の記憶だと大したことなかった気がしたのです。
行動時間も、平均3.5時間っ書いてあるけど、そんなにかかった記憶がないのと、そんなに険しくはなかったような感じだったので、ままさんに「眺めがよくて、そんなに大変じゃなかったよ!360度パノラマ」なんて言ったのですが、こるが間違いのもと…

実際には登り4時間、下り急いで2.5時間のロング&ハードトレッキングになってしまいました。

とりあえず、達成の家族写真を。



感動のそして、風が強くて寒かった山頂家族写真です。

ETC.の通勤割り引きを利用すべく、朝6時起き。
現地9:30ごろ観音平に到着。

八ヶ岳は久々でテンション上がります。
大樹もテンション上がりすぎて、切れ走りして一括!
よっぽど嬉しかったんでしょうが、ここは絞めとかないと、後々ね。




こんな感じで最初は登ります。

高速からは、周りは青空なのに、八ヶ岳の上だけ雲があります。
風も強そうで、山頂は寒そう。
霧氷も見えました。

結構最初のほうから、登り斜面も急で、ままさんに大変そうだったら戻る感じでとりあえず頑張ってもらいましたが、私でも結構きつかったので、ままさんもしんどかったと思いますが、頑張って貰いましたよ!



大樹も最初は元気でしたね♪



最初の休憩地点雲海からの富士山。

ここでおやつにしようと思ったのですが、人がいたので先を急ぎます。

ここまで約1時間。



まだまだ元気。



まだまだ。



第二の休憩地点押手川。
ここまで、雲海より1時間ぐらい。

ここはかなり苔があって昔の人が休憩の時に、苔を手で押したら、かなりの勢いで水が出てきたらしいことからこの名前がついたそうです。



こんな感じで。



大樹も記念に。

ここまででままさんかなりヘロヘロです。
登りもかなり急だし、岩が多くて山登りをしていない人にはかなりの壁に感じてただろうなぁ…

雲行きも、晴れたり曇ったり。
無理せず、引き返すことも考えましたが、ままさん頑張る宣言!
素晴らしい。

このあともかなりきつくなりますが、根性で頑張ってくれました。



途中梯子もあって、大樹が心配でしたがなんとかクリア。

ここからさらに急になり、岩も多くてしんどかった。

山頂は風が強くて、お昼にならないから、途中で済まして山頂へ。

ずっと雲がかかっていた山頂も祝福してくれたかはわかりませんが、雲がさっと晴れ渡って、360度のパノラマです。

北アルプスも中央アルプスもスッキリと見えましたよん♪



2524m編笠山山頂です。

ままさんももちろん大樹も2000m越えは初。

眺めは良かったけど風も強くて寒い寒い!

時間は2時半。

下山限界時間です。

日が長ければ良いのですが、5時を過ぎれば暗くなります。

急いで青年小屋経由でおります。



山頂の木には雪がくっついて、
山道もうっすらと白かっですよ。



山頂からの権現岳と、青年小屋。

ここからさっさと2時間半ぼどで大急ぎで下山しました。
駐車場近くはでは日が落ちギリギリでした。

帰りは、大樹も疲れたのか、私達の側から離れず、ついて降りてきました。

ままさんも私も足がパンパン。

帰りは、小淵沢の道の駅の「延命の湯」で疲れと体をほぐして、通勤割り引きを利用して帰って来ました。

今回は、久々にも関わらず、山のチョイスを間違ってとんでもないことになるところで、かなりの反省です。

これにこりずに、またままさん山に行ってくれると良いのですがね♪



下山時の頑張ったで賞的な綺麗な富士山を見ることが出来ました。
スポンサーサイト
2012.11.09 大樹と八ヶ岳に挑戦速報
きのうは、平日休みを利用して、八ヶ岳の編笠山登山に行ってきました。



山頂にて記念写真。

平日と言うこともあって、殆ど人に会うこともなく大樹も自由にしてやることが出来ました。

詳しくは後程。

今日は家族そろって筋肉痛





富士山も祝福してくるましたよん
2007.04.22 鎖場に敗退!


今日はジーナが来てから結構ストレスがたまってるかなぁと優と山歩きです。

檜洞丸目指していったのですが・・・
☆・・・つづきいってみるぅ(^^)V・・・☆
inukosi1.jpg

日陰沢から犬越路経由で行こうと計画しました。

地図上にか犬越路から檜洞丸までの間に鎖場が・・・と記されていました。
一箇所ぐらいなら何とかなるべぇ~と思っていましたが・・・

安易でした。

痩せ尾根のうえにトラバース箇所のあり・・・

inukosi3.jpg

次第にこんな感じの険しさが優祐を襲います。

そして鎖場が・・・
1箇所クリア・・・
しかし前方を見るとかなり険しい山様です。
そして2箇所目何とかクリア。
すぐさま3箇所目どうにかクリア・・・
しかしすぐまた鎖場が襲います。
優祐の目が「もう無理!」と訴えます。
私もこれ以上は危険と判断!
リュックを背負い、鎖を持ちしたから優祐をさせるのは危険です。

撤退を決断!

しかし、今まで通った鎖場の下りも考えます。

胴に巻くハーネスをっ装着して危ない時は支えられるようにします。
何とかクリアして犬越路非難小屋まで戻ります。

かなりハードで優祐も疲れたようです。
1時間ぐらい休憩して下山です。

前回も神の川の日陰沢からののぼりは暑さで途中敗退で川遊びに変身!
今回は鎖場を通れず引き返し。
ココからののぼりは犬連れは難しいですね。

今度は単独で挑戦します。

かなりファイターな優祐でも今回は無理でした。

でもかなり頑張ってくれて結構頼もしく感じました。

危険箇所は地図上であれば避ける。

勉強になりました。

無事で帰れて何よりです。




今回より競馬の予想は◇写真も競馬も気分でいこう
写真で浸かっていたブログに移行しました。
このブログではちょっと場違いですしね。

未だに勝ち無し・・・
2007.03.15 思い出の草戸山
kusatoyama

私が記憶する中でのトレッキングでは初めて歩いた場所です。
町田市最高峰の草戸山365m
健太命日に歩きたかったところです。
健太を感じながら歩ければいいかなぁ・・・なんて思いながら行ってきました。

レポートできましたので気軽な山歩きに興味のある方もない方もご覧ください。

例によってWe,love,Kenta!からTrekking with the Dogの草戸山に入ってご覧ください。

どうでもいいのですが、私の好きなところです。
tenpeaks

カナダはテンピークスです。
モーレン湖に写る穏やかな10峰をこの目で拝んでみたいものです。

ということで

ポチ、ポチッっとよろしくです。

<プリーズ画像クリック>
ポチッっとしてくれると優祐も飛んで喜んじゃいます。

ポチ、ポチッっとよろしくです。

<プリーズ画像クリック>
ポチッっとしてくれると優祐も飛んで喜んじゃいます。
2007.03.14 美ヶ原スノーシュー
美ヶ原2

いつの間にか、Camp&SnowTrekから10日も過ぎてしまいました。
楽しかったことはあっという間ですね。

ということで美ヶ原・王ノ頭のレポで来ました。
例によってWe,love,Kenta!のTrekking with the Dogから入ってください。

王の頭がリストの上にありますのでそちらからです。

広がるばかりの大雪原・・・先が見えすぎるのも考え物です。
あそこまでいくのかうわぁとぉ~い・・・ってな具合なんですよね。

美ヶ原1

晴れて景色も堪能できましたので良かったです。

美ヶ原3

我が家の坊主もご満悦のようでした。
ちなみにぶら下げている熊鈴はまったく意味を成さず・・・
下を向くと雪面を這うので鈴の間から雪が入りまったくなりません(涙)

いつも山ではつけています。
目的としては、人に気づいてもらうことが優先です。
山で動物との遭遇はびっくりしますよね。
ましてや黒くて大きい犬何もしてなければ怖いです。
なのでまず、鈴をつける、洋服orリュックなどの装着をしています。
飼い犬という認識を持ってもらうためです。
仮に遭難してもリュックに何かしらの手がかりを入れておけばいいかなぁとか。
TVではよく奇跡の生還なんてやっていて犬の活躍も見たりします。
そこまでの期待はしませんが、あわよくばって事ですね。
リュックなんかつけていると「おっ山岳救助犬?」なんていわれたりするので、
「訓練中で~す」なんてよっとだけうそをつくと「がんばれよ」なんて快くしてもらえます。
あまり正当な方法ではありませんが、期待に満ちた質問の夢を壊したくないので・・・
なんて言い訳してみたり。

ということでとにかく人に飼われている犬という認識を持っていただければ山ではOKです。
仮にハンターに出くわしても打たれることは無いでしょう。

なので雪のときはNGですね。

あとは我々が認知しやすいことです。
コレが一番ですしね。

ということで今回もよろしくお願いします。


ポチ、ポチッっとよろしくです。

<プリーズ画像クリック>
ポチッっとしてくれると優祐も飛んで喜んじゃいます。

ポチ、ポチッっとよろしくです。

<プリーズ画像クリック>
ポチッっとしてくれると優祐も飛んで喜んじゃいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。