★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.23 大樹 初登山in高尾山
大樹初高尾
大樹連れて初登山に行ってきました。
場所は家から車で30分ぐらいの超メジャーな高尾山です。
祝日とあってすごい人でした。

大樹君上手く歩けるでしょうか???
ビビリーな大樹君なのでちょっと心配。
普段の散歩でも、ビニール袋にビビリ、道端の草が揺らぐのにビビリ、
落ちているゴミにビビリ、あげくにそのゴミを先回りしてちょこっと動かして見せると飛び跳ねてビビリます。
ちょっと変わった困ったチャンです。

大樹高尾1

コースは比較的人の少なそうな稲荷山コースで行きます。
山屋さんにはメジャーなコースですね。
好んでこのコースを登られる方もいらっしゃると思います。
我が家はその一組です。
9:10分出発であります。

のんびりな山と違ってこの高尾山は人出が多くフリーで歩かせる事は不可能です。
さて大樹君どうなる事やら・・・

大樹高尾2

何の不備もなく途中の展望台まで着ました。
以外に引っ張る事もなく頑張って登ってくれました。

しかし途中、木の根っこが多い高尾山。
この根っこがどうも気になるようで、恐る恐る伺いながら登ります。
ちょっとした登山道横の小さな看板も気になるようで、恐いと感じると私の後ろに隠れます。
優祐はファイターだったからめんどくさくなかったけど、
このなんにでもビビリ警戒する仕草は、山では以外に厄介です。
ガンバレや大樹!

大樹高尾3

そうこうしてるうちに高尾山山頂に到着です。
まぁまぁの人出でしょうか。
両サイドに休憩してる人がいるって感じですね。

お水飲んで暫し休憩!

今日はこの後は優祐とも行った城山まで行きます。

結構息が荒くなってきましたが。以外に楽しそうな大樹です。

大樹高尾4

城山までは本線ではなく側道というか迂回路と言うか・・・
比較的人の少ない所を選んで歩きます。
ココからは観光客はいなくなるので、純粋に登山の人が多いです。

人の少ない所ではフリーにしてあげると、楽しそうに歩いていました。
しかし、ビビリーな大樹君、木の根っこにビビリ、落ちてる枝にビビリ、葉っぱや石にビビリ、
私の傍から離れません。
ある意味いい子なのですが、犬じゃないなぁ・・・
優祐なら吹っ飛んで歩いてたよなぁ・・・と思いながら一緒に歩きます。

以前クリッカートレーニングで、「後へ」の練習が物凄く役に立ちました。
指示を出せば必ず私の横を右側から回って左横につきます。
「後へ」のトレーニングは本当に便利です。登山客とすれ違うときも、
左によって「後へ」で私の左についてくれるのでスムースにすれ違うことが出来るし、
変な目で見られなくて済みます。
むしろ今日は、本当に好意的な方々が多く褒めてもらったぐらいです。
頑張ったね、大樹!

大樹高尾5

そうこうしてるうちに城山山頂12:10到着です。

この後はランチタイムです。
30分ぐらい休んで下山です。

来た道をのんびり帰ります。
高尾山は帰りはとんでもない人でした。
山で足の踏み場もない状態の山頂を経験したのがはこれがはじめてです。
恐るべし超メジャーな山、高尾山!

高尾山からは1号路で帰ってきました。

久々に犬連れの登山でしたが、のんびり楽しい時間が過ごせました。
大樹のビビリが幸いして、私の傍からそんなに離れることなく歩いてくれましたしね。
登山道っぽい山道はビビるんです。
比較的広い所は、優祐と変わりませんね(汗
帰りは結構引っ張ったなぁ・・・
さぁ、これからいろんな所登ろうぜ、大樹!

久しぶりだったので膝が悲鳴をあげてしまいました。
やっぱり普段から筋力トレーニングはしといたほうがいいかなぁ・・・

大樹高尾6

初山はたのしかったでしゅ!by大樹
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。