★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.16 ますますやばい
20090416074900
今シーズンこそって思ってたのに。
ますます置いてかれる。
早いとこ若手の捕手に育ってもらわねば…
なかなか勝てませんね。

今日は自転車ネタを一発
自転車通勤をして早いもので、6月がくればもうすぐ2年です。
道交法の改定で自転車にも厳しく?なってきていますが、以前事故は減らないようです。
先日は、高校生が歩行者に自転車で追突して死なせるという事故がありました。
自転車はどこでも結構自由に行くことができて、誰でも乗ることが出来ます。
その反面しっかり交通ルールを守らないと、このようなことが起き続けるでしょう。
止まれでも止まらなかったり、信号の赤でも車が来なければ行ってしまったり、
左側通行が原則なのに逆送してみたり、歩道をかっとんで邪魔だとばかりにベルの乱打があったり。
こういったことで、自動車やバイクに反感を買って幅寄せされたり、邪魔にされたりするんですよね。

私は何度か危ない目にあっていますが、すべて自動車の一時不停止です。
一時停止無視、まるで自転車なんか眼中に無いような運転。
危ないからにらみつけると、逆ギレされて文句を言われる。ありえないです。

一概にどっちが悪いとは言えませんが、事故したときは当然自動車の過失が大きいです。
用は交通弱者保護義務違反です。
いくら自転車が軽車両であっても、自動車には自転車を保護する義務は消えませんから。
逆に自転車も、交通ルールーを守らないと自動車から反感を買うということは避けられず、
幅寄せなどの意地悪に会うことになります。

歩行者も気ままですよ、実際。
後ろの確認もしないで道路を横切ったり、路地から急に出てきたり。
自転車、歩道専用の道路でも我が物顔で真ん中にいてどけるそぶりも無かったり、
2,3人で横一列で歩いて「すいません」って声をかけてもどかなかったり。

一度自転車、歩道専用道路で向うから中学生が二人歩いてきました。
私は端によって通行していたのですが、その二人はあまり端にも寄らず、
スポーツバッグを肩から掛けてそれが私のほうに出っ張っていました。
ぶつからないように気をつけたのですが、話に夢中の女子中学生はなんかの拍子に、
ちょうど私とすれ違うタイミングでよってきて、かばんにハンドルがあたりバランスをくづし転倒です。

何度も怖いなぁと思いながら走っていましたが、現実に転ぶと痛いですよ!
思いっきり文句一を行っておきましたが、自分だけよければって感じで歩くのは辞めて欲しいです。
道路はみんなの物、偉そうに歩いたり走ったりするな!

それからもう一つ言わせてもらいます。
犬の散歩のビロ~ンって伸びるリード使ってる方結構いますよね。
犬が自由にあっち行ったりこっち行ったり。
歩道でやるのは辞めて欲しいです。
飼い主が右端を歩いて、犬が伸びたリードで反対端にいるときってあのリード自転車から見づらいんです
引っかかった転倒したくないしでも危ないしで、このときばかりはベルを連打します。
それでも犬を自分のほうへ引き寄せることしない飼い主がいます。
お前の道路じゃないんですよ。
自由にさせたきゃドッグラン行け!

と、自転車のってていろいろと不満があったので書いてみました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。