★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.10 七夕山行 by 八ヶ岳・横岳
yokotop.jpg
稜線直下、雲の切れ間から見えた赤岳。

本サイトでUPしようとしたら、途中から画像UPが出来ない状態になって・・・
ということで久しぶりにブロブでUPします。

長くなりますがお付き合いください。

++++++++++++++++++++++++++++++++
2007/7/7(土)曇り
八ヶ岳 海ノ口・杣添尾根 経由 横岳(2829m)
八ヶ岳高原富士見地区登山者駐車場→富士見岩遊歩道経由貯水ダム→
杣添尾根経由→三叉峰→横岳山頂 ピストン

登り4時間 下り2時間半
++++++++++++++++++++++++++++++++

約2ヵ月半ぶりぐらいの山登りでした。
忙しくてなかなかいく機会が無くて結構ストレスもたまってたり・・・
7月は何が何でも、梅雨の時期でも泊まりでどっかいってやるぅ~と思っていました。
6月のうちからこの日しか休めないのは分っていたので、天気が多少悪くても決行としました。

翌日、関西では関西フラッティーズの琵琶湖Off会
行きたかったけど、二人の休みが会わず&ふところ具合も・・・

それまで梅雨に入っても週末はかなりいい天気だったりして。
「俺の行くときも・・・」と願いむなしく曇り/雨・・・とほほ。

しかしコレを逃すと又いついけるか分らないので、決行です。

当初の予定は、美濃戸から登って、行者小屋テント泊で阿弥陀岳・赤岳に行こうと思っていました。
しかし天気は思わしくなく梅雨前線停滞・・・
展望はほとんど望めない状態。
それでも少しの期待をしていましたが、やはり前日まで天気予報か変わらず。

急遽、日帰りで登れる八ヶ岳のほかのルートに変更。
前から気になっていた、先日sanae隊が行ってらした、杣添尾根からの横岳にしました。
ツクモグサっちゅうのも運がよければまだ見れるかなぁ・・・とほのかな期待でしたが。

そして、ふもとのキャンプ場に泊まりのんびり帰ってこようと思っていました。
最近購入した、MTB(通勤車)がコレが意外にも山の中でも楽しめる道具と判明。
なかにはMTBの癖に「悪路走行禁止」なんてのもあるらしいので(?)
キャンプして体力に余裕があったら、シングルトラック探しでもしようと思って出かけました。
快く遊びに行かしてくれたままさんありがとう!

ということで能書きはこの辺で・・・
朝起きて高速乗ってという行程は起きる自信が無かったので、夜中のうちに現地入り。
中央道長坂IC下車、大泉方面へ向かう。
以前有料道路だったところを通り野辺山方面へ、
途中、滝沢?牧場付近から左折八ヶ岳高原ロッジ方面へ向かう。
この辺から、あたりはガスに包まれる。
明日の天気を心配してもいまさらしょうがないが・・・
しかし、良いに越したことはないのだが・・・嫌なガスだ。

別荘地内の登山者専用駐車場に駐車して仮眠を取る。
先行者1台のみ!

yokotake1.jpg
八ヶ岳高原富士見地区の登山者専用の駐車場です。
約8台ほどですね。周りは別荘地で私有地になりますのであいているからといって駐車はしないほうが懸命です。

yokotake2.jpg
5時起床。ゆっくり体を慣らして、朝食をとって駐車場向かい側にある遊歩道から入ります。
登山届けを提出して5:50出発です。

このときカメラのバッテリーは半分なのに気が付きます。
帰宅してから充電しようと忘れてしまったのでした。
何とかなるさとこのときは思うのですが、後であせることに・・・

yokotake3.jpg
遊歩道はこんな感じで足慣らしにはちょうどいいです。
久しぶりで体力的にも不安でしたが、日々の自転車通勤の成果でしょうか?
意外にも足取りは軽やかです。

yokotake4.jpg
晴れそうにはありませんね。

yokotake5.jpg
富士見岩遊歩道を通り20分ぐらいで貯水ダムに出ます。
ここを横切り再び登山道に入ります。

yokotake6.jpg
足取りも軽やかです。
この時点ではストックは使いません。
急登になると最近は下山時の膝の心配と、のぼりの体力軽減のためダブルストックで登ります。
使い出すと無いと心配になったりして・・・

yokotake7.jpg
少し行くとあずまやに出ます。林道はここまでこれるようですがどうなんでしょう。

yokotake8.jpg
この看板の右横から本格的に横岳へ向けての杣添尾根登山道となります。

yokotake9.jpg
ハイハイがんばります。

yokotake10.jpg
こんな感じの登山道を登ります。

yokotake11.jpg
さらに樹林帯は続きこんな登山道を進みます。

登ってるときはそれほど急登だとは感じなかったのですが、下山時にびっくりで、結構急でした。

足取りもそれほど重くはならづ、コレもやっぱり自転車通勤のおかげだと思ったりして。

しかしこの尾根はうっとおしいほどの樹林帯歩きに終始します。

yokotake12.jpg
ありがたい看板です。
お言葉に甘えてちょっと休憩。
ここまで1時間ぐらいでしょうか?
ままさんとメールでやり取りしながら休憩です。

ちなみにFOMAバリ3でした。

yokotake13.jpg
セルフ撮りなんかする余裕もあります。

yokotake14.jpg
イワカガミ?って言うんですか?
ちょっと小さめでしたけど、コレまで花らしい花に会わなかったのでものすごく嬉しかった。

普段は花なんか見ても何も感じないのに、山に行くと不思議と愛おしくなります。
なかなか出会うことが出来ないからか嬉しいんですよね。
いつも優祐と一緒か単独で、人間だけで言えばいつも単独。
それなのか、花にあったぐらいで、また、不思議な形の葉っぱを見たぐらいで嬉しくなるんですね。

yokotake15.jpg
シャクナゲ?は、まだつぼみでした。

yokotake16.jpg
桜です。
こんなところで桜に合えるとは思っても見なかったのでかなり嬉しかった。

yokotake17.jpg
そしてさらに上りは続きます。
左手に尾根が見えるのでかなり上まで来たことは確かですが、この時点から、下ったり登ったり・・・
森林限界も近づきもうすぐというところの上り下りはかなり堪えます。
ここまで所要時間3時間半ぐらいでしょうか?

そんなことを思っていると・・・えっ???

ビリーさん登場です。
yokotake18.jpg
どうです。このビリー的励まし(笑)
コレでモニターでもあって、みんなキツイ顔して登ってる映像でも流れたら、やるしかないでしょう!

yokotake19.jpg
そして追い討ちにこの看板!
こりゃもう大騒ぎですよ!

どんだけぇ~って感じです。

辛いのぼりもこんな気遣いで楽になったりするモンですよね(笑)
yokotake20.jpg
いよいよ出ました、稜線直下!
依然晴れる気配は無いですが、稜線が見えるのはありがたい。

もう少しだ!がんばるんだ!

ビリーの声が聞こえるようです(しつこいって)

yokotake21.jpg
少しのガスの切れ目から赤岳が見えました。
後にも先にも見えたのはこのときが最初で最後です。

夢にまで見た赤岳!
このまま天候が安定して、ガスも晴れてりしたら・・・
なんて悪魔の声も聞こえてきますが、とりあえず横岳に行ってから、自分の体と相談です。

yokotake22.jpg
シャクナゲも祝福してるかのように(錯覚)咲いてました。

yokotake23.jpg
気持ちいのいい空気を吸いながら、稜線三叉峰に出ます。
もう、ここまできたら気分は最高潮ですね。
久々の山行で、なおかつ2800m級のお山なんて嬉しくって。
多少の曇りは気持ち的にすっ飛んでいます。
たぶん過去最高峰でしょう!

とは言うものの・・・

yokotake24.jpg
こんなところを見ると、晴れてたらなぁ・・・なんて思ったりして。
とりあえず今日はウォーミングアップということで、次回八ヶ岳まで展望はお預けですね。

yokotake25.jpg
稜線にはお花畑が広がっていました。白や紫・黄色とっても綺麗でした。
普段感じないこの切ない心も、このときは童心に返って喜びます。

いいなぁ・・・ちっちゃくても。岩だらけでも一生懸命咲いてる。
咲いてる期間が短いのにがんばって自己主張してる。
こんな高山の花を見るたび元気をもらう気分です。

yokotake26.jpg
こっちにも・・・

yokotake27.jpg
かわいいのでアップで・・・

そしてツクモグサってやつsanae隊が来たときに見た奴を私も見たかったのですが?
終わってたのでしょうか?発見できず・・・残念です。

その代わり
20070707110304.jpg
こんなのが見れました。

このときはそのツクモグサが咲くとこんなになるのかなぁ・・・なんて勘違いしてました。

このときすでにカメラのバッテリーのカラータイマー(古っ)点滅でした。
撮ろうと思うと起動しなかったり・・・
しばらくして起動したと思うと撮る瞬間に落ちたり(涙)
山頂写真も無理っぽい・・・

とりあえず山頂向かいましょう!

yokotake28.jpg
なかなかけわしいところで、岩稜帯に梯子がかかっていてちょっとびびる!
高所恐怖症の私は結構ビビリなのです。

なるべく下を見ないようにして・・・
曇ってって良かったよなぁ・・・なんて自問自答して・・・

何とかクリアで山頂です。

yokotake29.jpg

八ヶ岳・横岳(2829m)

山頂には先行者の4名ほどで、何とか復活したカメラで今のうちにと撮っていただきました。

この写真が今回の山行の最後の写真となりました。(トホホ)

この後、山頂に15名ほどの団体さんが硫黄岳のほうから上ってこられました。
しばらくいると、赤岳まで行くとのことですぐ出発されました。

結構年配の方々でしたが、私はこの方達の年にこうして山登りしてるのだろうか?
と、ふと疑問を持ちました。
体力、判断力、視力・・・いろんなものが年とともに低下します。
こんな高山でいざという時対応できるか不安です。

がんばっていらっしゃる年配の方々はくれぐれも気をつけてくれることを願います。

と脱線・・・

この後やはり展望も望めないので、昼食をとり来た道を帰ることにしました。
山は逃げないし、またコンディションのいいときにくればいいや!

体力的にも帰ってくる自信がなかったのが本音ですが(汗)
鍛えてまた今度です。

まってろよぉ~・・・赤岳!

ということでサクサクッと下山です。

ちなみに11時半ぐらいに下り始めたのですが、登ってこられる方5組ほど・・・
とまりか、横岳ピストンか?

とそのうちの一人に「ウルップソウ咲いてた?」と聞いてきました。
私:「???」
「そっかぁ紫色のパイナップルみたいな奴だよ」
私:「あぁ~ありましたありました。」

とこの時点では覚えていたのですが、休憩時に画像アップでモブログしようというときには忘れていました(笑)

カル2さんありがとうございました。

ということで、この後は下山後、観音平に移動して、グリーンロッジでテントを張ろうと思いました。
翌日は、三味線滝あたりまで自転車で行ってみようと思っていたのですが・・・

ガァ~ン!!!

ロッジ誰もいません!
予約せにゃいかんのかいな???

勝手に張るわけにも行かず・・・かといって近くのキャンプ場は一人だと割高だし・・・

20070707172153.jpg
結局自転車で少し遊んで来ました。
ロッジ付近遊歩道を登ったり下ったり・・・
シングルトラックよろしく楽しく遊んできました。
MTBはまりそうです。

夜は延命の湯で汗を流し・・・
キャンプのための夕食を延命の湯の駐車場でかっ食らい!
2時間弱ほど仮眠したのち、ETC夜間割引を利用して帰ってきました。

山登りにMTBと充実の1日でした。

遊びに行かせてくれてままさんに感謝です。

「おみやげは、無事故でいいの、おとうさん」
何ちゃって・・・

信玄の湯の入浴剤かって帰りましたよん♪
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://kenyujp.blog74.fc2.com/tb.php/179-0278c5af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。