★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と言う事で、ってどう言う事でしょう???

先々週優祐に家庭教師をお願いいたしました。
というより我々に指南いただいたわけですが。
どうあがいても優祐一人では勉強できないので・・・(笑)

その後の効果たるやいかがなものかと皆さんも気にかけて頂いてるかなぁ・・・
なんて勝手に解釈したりして(汗)
多分気にかけていないと思いますので、勝手に書かせて頂きます。

942b9899.jpg先日耳毛カットをした優祐君!
かわいいでしょう?
(親ばか^^)
前回ままさんさんに気持ちをしっかり持って妥協しないようにお願いしました。
今まで、台所に立つと、ヅカヅカと入ってきて、
「おこぼれないかなぁ・・・」とか
「おっ、それちょうだいよ・・・」とか
鼻ピーのうるさい事うるさい事!!
しかし台所に入らないようにゲージを設けたり、
いくら言葉で言っても、何をしても入ってきて隙を狙っていたのです。
以前はそこからひそかにというか堂々と進入しておこぼれハンターと化していました。

今回のルールはこうです。
①、ご飯の用意をしているとき
  我々のご飯はゲージの外で(台所のゲージの外側)座る&伏せて待つ。
  優祐のご飯はバリケンで伏せて待つ。

②、そうすることでゲージ内の進入をさせない。
③、早く早くと催促するような鼻ピーをやめさせる。
④、食べ物をもらうときはバリケンで待たせる。
⑤、我々の食事中は我々の横で伏せして待たせる。
  その間決して物をやらない。

とまぁこんな感じですかね。
家庭犬として我が家で暮すにあたってのルールです。
もちろんこういう風にしなくてはいけないというものでもありません。
これを実践する事により、我先にというのが今までよりは防げるのではという事です。
外で、卑しい根性むき出しにされても困っちゃうし・・・
健太では失敗しているので、優祐には何とか覚えてもらいたいものです。

①、ご飯の用意をしているとき
  我々のご飯はゲージの外で(台所のゲージの外側)座る&伏せて待つ。
  優祐のご飯はバリケンで伏せて待つ。

我々のご飯の用意のときはゲージの外側で、優祐の時はバリケンで。
自分のご飯を待ってるときに、なかなかバリケンで伏せて待てません。
ままさんいちいちバリケンを気にしていなければいけないです。
そうすると立ってしまった時に注意をするタイミングを逃してしまう。
結果、座ってっても良いやになってしまっていました。
「最初は出来る事からと思って伏せられなければ座るのがいいのかなぁ・・・」
なんて言ってるもんだからそこに我々の妥協が出てきます。
我々のご飯の用意のときはゲージの外側で待てるんです。
というのは、優祐的に待つということはどっちも一緒のような気がしました。
そこで、ままさんがいちいちバリケンも気にしなくて良い。
立ち上がったりゲージ内に入ろうとしたらすぐに注意できるところ。
我々のご飯の用意のゲージの外でまってもらうのが一番と考えました。
ご飯の用意という行為はどちらの物を作ってるにしろ優祐的には一緒です。
なので、出来る事からなんて妥協するぐらいならゲージの外の方が分かりやすい。
そうすることによって優祐の混乱も防げるようになると思いました。

効果的面です。
最初はゲージの中に今まで同様頑張って入ってくるしぐさを見せていましたが、
支度中はここにいろという場所を決めて動いたら注意、動いたら注意の繰り返しでした。
しだいにその場所で待てるようになり、最初は鼻ピーもしていましたが次第になくなりました。
立っては「座れ」「伏せ」というのではなく「あっどうするの?」
と自分で考えさせ、座ったら、伏せたら褒める。
この繰り返しで今では多少たったりはありますがかなり良い感じになってきました。
これからも、続けていけば良い感じでしょう。

②、そうすることでゲージ内の進入をさせない。
③、早く早くと催促するような鼻ピーをやめさせる。

ついでに①の勉強で②、③もクリアです。
鼻ピーが非常に少なくなり我々のイライラもなくなります。

④、食べ物をもらうときはバリケンで待たせる。

①でやっていたことでご飯をもらうときはバリケンへ行って伏せをさせる。
という行動につながってきます。
「早く早く!!」と台所からくっついてせわしなく器に顔を突っ込んで怒られたり、
そういう行動で器をひっくり返したりって経験はありますか?
幸いそこまでひどくなかったし、今までももらう時はバリケンという図式は出来ていました。
なのでおやつや他のものももらう時はバリケンを徹底しています。
そうすれば「なんかもらえる?バリケンはいらなきゃ」
になっていけばかなりのものかなぁなんて思っています。
今のところ覚えたかどうかは分かりませんがハウスへ入ります。
徐々に食べ物をもらう時はバリケンが頭の中にうかんでくればしめたもんですね。

⑤、我々の食事中はテーブルの横、または決められた場所で伏せして待たせる。
  その間決して物をやらない。

最後のこれは、健太が病気になるまでは何一つあげていなかったのです。
なので、健太がハァハァいいながらテーブルの側にへばりついていても我、感せずでした。
しかし、健太に食べれるものは何でも食べてもらいたい。
食欲があるうちは・・・なんてなってしまってついでに僕ももらえるの???
なって形になってついついやってしまったのがいけないんです。
それから我々が食べているときは何かもらえる!!
が頭にこびりついてしまったようです。
それを止めるには我々も妥協せづにテーブル横でひたすら待ってもらうしかありません。
これは我々と優祐の根競べ。
今まで良くてなんでいきなりなんだよ!!って気持ちはあると思います。
なので、怒ることなく、強い気持ちを持って頑張ります。
これも今のところ何とか我慢していられるようになって来ています。
多少たったり近づいたりしていますが、「どうするの?」
で「あっいけない!伏せるんだった」ってなんとなく分かってきているようです。

とまぁかなりの効果がでてきました。

先日も書きましたが、我々しだいだという事ですね。
「まっいっかぁ~」と思うならそれで良いんです。
飼い主がいいと思えばそれでいいと思います。
困っているのに、まっいっかぁ~ではいけないと思います。

今回の事で人間も犬もルールを決めればすごく楽になると言う事を学びました。
犬にとっても迷う事がなくなると思います。
このときはこう!こういう時はこう!とはっきりすればするほど犬は楽です。
人間も「なんで出来ない」とか「こうだって言ってんだろう」というのが少なくなります。
そのためにはやっぱり強い意志ってことなんですね。
いまさらながら勉強になったと恥ずかしい限りですね。

後は車の中と、好きな場所へくるまで移動するときですね。
先日の健プーかなり頑張りましたがまだまだって所ですね。
ままさんが一人で行っても興奮を抑えられるようになればしめたもの。
これについてはまたの機会に・・・です。
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://kenyujp.blog74.fc2.com/tb.php/268-92259ae3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。