★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.06 日本百名山 『 丹沢山 』
丹沢山看板






やりました。日本百名山初登頂です。イェ~!!
すいません、深田さんのは読んでいないので何番目の山かは分かりません。
一ついえるのは、私の中では確実に1番目の百名山です。

なんで丹沢山???と思いでしょう。
神奈川県民の私ですし、自宅からのアクセスですかね。

早戸大滝1早戸大滝2











今回は優祐抜きの単独です。
多分行けないだろうと判断。正解でした。
危険箇所多すぎ・・・

我が家から県民の森方面は結構時間がかかるので今回は裏側から行って見ました。
先日早戸大滝へ行った時にいろいろとHPで調べたところ、どうやらここから登れるらしい。
そして滝の上部部分(写真右側)をどうしても写真に撮りたく滝の1段目まで行って見ました。
怖かった。下は崖だし道は狭いし・・・
でも勇気を出して頑張って行った甲斐がありました。
滝シャワーを浴びながら撮影に成功です。

ここから上は大滝新道です。
しかし踏み後不明瞭。道迷いの危険もあり。
と初心者の私には困難な物ではありますが、覚えたての地図読み&コンパスを駆使していってみることにしました。
不安を覚えたら撤退することを心に決めて進みました。
表からでも3時間半ぐらい裏からでもそのぐらいはかかるだろうと朝早めの5時半起きで行ってきました。

++++++++++++++++++++++++++++++

5月6日(土)晴れ(単独)

丹沢山塊 丹沢山 1567.1m(日本百名山)

標高差約890m 距離4.4km
自宅5:45出発→伝道到着6:30準備
伝道6:40→雷平7:20→早戸大滝7:50~8:05→大滝上部8:15→
不動ノ峰手前(道標蛭ヶ岳2.8km丹沢山0.9m地点稜線)10:00→
丹沢山山頂10:30~11:10
不動ノ峰手前(道標蛭ヶ岳2.8km丹沢山0.9m地点稜線)11:35→
大滝上部12:30~12:40→雷平13:20~13:30→伝道14:20
15:45帰宅

++++++++++++++++++++++++++++++
大滝新道さら大滝上から






滝の上部(落とし込み部)までは15分ぐらいのロープのある急坂の上りです。
ここを上りきると滝の落としこみに出ます。
そして写真左の看板が出てきます。矢印に導かれて川のほうへ降ります。
写真右は大滝の落としこみ部分。

山道2山道1






道標の皿は上までに2箇所のみ。黄色・赤・白のマーキングテープを目印に登ります。(写真左)
途中2度ほど見失いそのたびに戻って確認しての繰り返しでした。

川へ上るとすぐに川を渡るようテープが指示します。
それに従いすぐにロープのある急登攀です。
その後も暫く急坂は続き私の体力を徐々に奪って行きます。
何度も挫折感を感じながらやっとの思いで開けた部分に行き着きます。
しかしその後も急坂の登りは続きます。

左には丹沢三峰を見ながら、地面には鹿の糞を見ながら・・・
鹿にあえるかなぁと思いましたが・・・残念!!
上の明るく開けた部分だけを見つめながら「まってろよ~丹沢ぁ~」
叫びながら2時間ほどの登りを気合もろとも登り切りました。

稜線1稜線2看板






左には丹沢山が見え、右には蛭ヶ岳が見えます。
残念ながら正面はガスがかかってしまって展望という物は見れませんでした。

稜線丹沢方面稜線蛭ヶ岳方面






左:丹沢山方面
右:蛭ヶ岳方面
この景色を見ると頑張って登ってきた甲斐があったってもんです。

今日の目的は日本百名山の一つ丹沢山です。
ここから丹沢山までは一組のワン子連れと男性にあったのみ。
意外に少ないんだなぁ・・・

いったん下り登り直しの途中に振り返ると

嬉しいご褒美です。

頑張った甲斐がありました。

富士山小富士山大






今日は身軽にするためにコンデジをもって行きました。
デジレフは・・・だったけど持って来ればよかったぁ・・・
と、悔やまれる景色です。

自慢じゃぁ無いけど雲海の上の富士山見るの初めてです。

あぁ~感動!!

本日快晴上空は青空が広がり良い気分です。






山頂記念碑そしてついに・・・ついに・・・
日本百名山初登頂です。
そしてこんな記念碑があったので撮ってきました。




山頂記念写真






軽量化のため三脚を持っていかなかったので、丁度記念撮影をしているご夫婦にお願いしました。
ご協力有難うございました。感謝です。

山頂で豪華なランチ!
(カップヌードル・おにぎり2個・ちょっと甘い物)

少し休んで、来た道を下山です。
今日はピストンですが、時間と余裕が出来たら縦走して見たい景色でした。

全行程約8時間の初めての単独登山は成功を収めました。

次は神奈川最高峰にチャレンジしてみたいですね。
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://kenyujp.blog74.fc2.com/tb.php/299-4832ae12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。