★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.05 雷滝
雷滝ままやっと私もGW突入です。
という事で、ままさんは仕事で休めないのですがどこへも行かないってのもねぇ。
という事で、先日行った早戸大滝の途中で支流の原小屋沢へ入っていくとある雷滝へ行ってきました。
雷平から右岸の山道(意外に鮮明)を原小屋沢方面へ






+++++++++++++++++++++++++++++

行程の始まりは先日と一緒です。

5月4日(木)晴れ

魚止橋手前駐車スペース14:00→魚止橋14:10→伝道14:25→造林小屋14:55→雷平15:25→雷滝15:45
→休憩後16:30出発ピストン18:00駐車場到着

+++++++++++++++++++++++++++++

前回来たのは約2週間前。
新緑も芽吹き始めだったので、今回はいい感じの森林浴が楽しめそう。
という事でいそいそと出掛けてきました。
やはりGWですね・・・道路も混んでいます。

ままさんの仕事が終わって12:00出発するも、通常1時間程度で着くのに2時間かかってしまいました(涙)
と、林道も結構車が止まっていて、キャンプなどをしていた人も。
キャンプ場でのキャンプと違ってワイルドですけど、自分の物はちゃんと持ち帰れよ!!
そこらへんに隠れてティッシュなんかで隠すなよぉ~!!
と私は言いたい。

何を隠そう優祐君、食べてしまうから困るんです。
なんでかねぇ・・・
その辺は考えてキャンプ張って欲しいものです。
経費がかからないのはいいのですがマナーが悪すぎる。

文句はこの辺で・・・
車も止めて準備をして、さぁ先を急ぎましょう。

新緑1新緑2





若葉の芽吹きもいい感じです。
この黄緑色なんとも目に優しいではありませんか。
優祐も知ってかさっさと行ってしまいます。

川1川2





相変わらず川は濁りが無くとても澄んでいます。
優祐も川で遊びたくて先を急ぎます。
川の音がするほうへするほうへと行ってしまいます。
レトリバーの本能とでも言うのですかね(汗)
山道まま1山道まま2





ままさんも前回よりなれた感じで頑張って登ります。
先日購入したASOLOのシューズも快調のようです。
○ーキンスのなんちゃってシューズとは大きな違いとのこと。
靴はだいじですよね。
自分の足になるべく合ったものでないと辛くなったり、足が疲れたりします。
今回のシューズは当たりのようです(笑)

川ー優祐1川ー優祐2





川を見るたび、淵を見るたびあまり綺麗なもんだからままさん・・・
「優祐泳がせたぁ~い!!」
いい加減歩いたので我々の休憩もかねて少し優祐を泳がせました。
楽しそうです。
とやっぱり・・・潜ることも忘れませんね!

新緑3新緑4





しばらく遊ばせてから時間も無いので先を急ぎます。
ここからは例の川渡りが2回ほどあります。
前回のように沈してもいいように着替えを用意して準備はOKです。
沈しませんように・・・

滝1滝2











雷平らから右岸を歩いていくと次第にこんな滝が多い渓に様子は変わっていきます。
優祐君、やはり山道をしっかり案内して先に行きます。
なんか頼もしく感じたりして・・・
前回よりも危険箇所の通過も頼もしいくらいにすんなり行きます。
絶好調って感じですかね。

15分から20分ぐらいでしょうかどんどん高度を上げて登っていくと・・・
ついに・・・ついに・・・
現れました・・・

ジャジャァ~ン

雷滝1雷滝2











高さ約15mのとても綺麗な滝でした。
滝壺も結構広くて、優祐を遊ばせるには十分なスペースです。
途中何度もヒーヒー言って、通れそうに無い場所も勇気で通り抜けてきた甲斐があったよね。
マイナスイオンバリバリのとても気持ちのいいところでした。

雷滝まま&優雷滝ぱぱ&優











記念に優祐と一緒のショットを。
なかなかジッとしてないので石や棒でつります。

今回も結構ワイルド&サバイバーなトレッキングでした。
この上は丹沢山です。
次回はこの上に行ってみよう。
原小屋沢新道というのがあるらしい。
しかし、時間も時間なので百名山を尻目に今日のところはこの辺で戻ってきました。

ここは多分シャワークライミングをしながら上がってこれそうでした。

雷滝3雷滝4











最後にシャッタースピードを落として撮影してみました。
まぁまぁかと・・・
こういうのも自己満足の世界ですからいいですよね。
もう少し明るい時間帯ならば滝の色、岩の色、木々の緑と・・・
うでも無いのでこんなもんでしょう。
頑張って勉強します。

と今回も楽しいトレッキングになりました。
時間が少なくても有意義に過ごす方法いくらでもありますよ。
今回は前回とは違って沈することも無くままさんもご満悦!!
いろいろなコースがあるようですからしばらくこの辺攻めるのもいいかも(笑)
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://kenyujp.blog74.fc2.com/tb.php/301-5bc63156
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。