★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.15
先週の土曜に大樹という九州生まれのパピーを迎え入れた。
もう1週間になるんだなぁ・・・早かった気がする。

そんな話をラブ飼いの同僚にした。
「やっぱり我慢できませんでしたか・・・早かったですね、どれぐらい経ちました?
でも、よく同じ犬種飼えるね・・・前の子達とダブらないの?
俺は絶対駄目だなぁ・・・きっと新しい子に重ねてしまうなぁ・・・
犬とは暮らそうと思うけど、違う犬種にするだろうなぁ・・・」
というのです。

もし、もしですよ。
皆さんが、我々と同じ状態ならどうするでしょうか?
確かに、優祐を亡くして3ヶ月です。早いといえば早いですよね!
悲しみまだ覚めやらぬこの時期になんで新しい子を迎えられるの?
賛否両論とは思いますが、私が思うには、すべてめぐり合わせだと思います。
今回、これが”縁”って奴なんだなぁ・・・と思いました。
今回はあれよあれよという間にトントン拍子に決まってしまいました。
健太似の子に似てる子がいるんだよ・・・
がっちりしていて大きい子なんだよ・・・
なんていわれると、見てもいないのに、健太似なら・・・
なんて考えてるうちに、ブリーダーさんに連絡を取ってもらい、
男の子が少ないので早いほうがいいとか、そんなこんなであっという間でした。

家に来るのももっと先と考えていたのですが、こんなに早く来るとは思ってもいませんでした。
それもこれも、何かの縁なんだろうなぁ・・・と思います。
健太に似てるとか、大きいとか、いくつかのワードが我々の心にヒットしてしまったようです。
そうなると、優祐がいなくなって3ヶ月だろうがなんだろうがということになるんでしょうね。
健太や優祐がめぐり合わせてくれたのかもしれないしね。
「しょうがねぇなぁ・・・」なんて思ったかは知りませんが、そんな気がします。
だからきっと健太の小さいころに似ていたり、優祐の小さいころに似ていたりするのかもしれません。
二人が一度に帰ってきてくれたようで、なんとなくこそばゆいですが・・・

同じ犬種で前の子と重ねてしまうということは私にはありません。
だって、健太は健太、優祐は優祐なんです。
どう考えてもこいつらの代わりになるような子はどこを探してもいません。
それに、そんなこともとめてもいませんし。
だから、重ねようが無いんです。
私の心の中では、健太も優祐もいき続けてるし、これからもそれは変わりません。
仮に比べるとしても、健太はこうだったとか、優祐はああだったとかいう話で、
そのことで同じものを求めようとは思いませんから。
人間と一緒で個体差があるし、大樹は大樹だし。
これから、俺色に染められるかと思うとワクワクしてきます。
今度は、健太や優祐で失敗したことをきちっと叩き込みたいと思いますが、
なにぶん自己流なのでどうでしょう???

そんなことよりも、どうか病気もしないで、怪我もしないで、スクスクと育ってくれればと思います。
健太は7年、優祐は4年と早すぎた別れでした。
ジーナ見たいに長生きもできる血統なのになぁ・・・なんてちょっと残念ですけど。
これも健太や優祐の運命だったろうし、寿命だったんだなぁと思うしかありません。
その分、わたしの心の中では、永遠に健太は7歳のままだし、優祐は4歳のままです。
これから先もそれは変わることなく私の中では生き続けてくれるんですよ。

優祐がいなくなって、まったりなジーナと一緒で物足りなかったことは事実です。
だからといって、急いで探していたわけでもありません。
ジーナとのんびり行くものいいのかなぁ・・・と思った矢先の事でした。
ジーナとの関係も築きつつ、大樹も大きくなってくれればいいかな。

健太へ
お前さんの小さいころにそっくりですよ。
脚や手にまとわりついてきて、あの痛い乳歯でカミカみしてきて。
傷だらけにされたのを覚えています。
どこ行くんでも足元にまとわりついてさ。
やっと、戻ってきてくれたのかな・・・
嬉しいです。
もうすぐ3年だもんなぁ・・・
お帰り。見守ってて頂戴ね。

優祐へ
お前さんの小さいころにも似ています。
遊びの目標を見つけるとセットして、
せぇーので飛びついてくるところなんかそっくり!
ごはんごはんってなくところまでそっくり。
お前ほどはがっつかないけどね。
あんなやんちゃぶりはあのころは大変だったけど、
今は心地よささえ感じられるくらい余裕があるかなぁ。
健太と相談して帰ってきたのかな?
いままで気配も見せなかったのはこのためかね?
なんにしても嬉しいです。
ちゃんと見守ってね。お帰り!
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://kenyujp.blog74.fc2.com/tb.php/339-404912bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。