★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.16 黒部・立山アルペンルート
雪の大谷1雪の大谷と呼ばれるアルペンルートの雪の壁







富山県と長野県の両県を繋ぐ黒部・立山アルペンルートが4月17日の前面開通に向けて急ピッチで作業が行われているというニュースを昨日新聞で見た。
15日に除雪作業を行うブルドーザーが標高1930mの弥陀ヶ原に達したといいます。
黒部・立山アルペンルートオフィシャルページ
興味のある方はこちらをどうぞ!
春の訪れを感じさせてくれるニュースですな。

立山







すごいですよね。高さは約15mほどになるそうです。
今年は近年まれに見る豪雪で除雪作業も大変だったのではないかと思いますが、
雪で覆われた山の中からこのルートを見つけ出し除雪作業をするのはかなり大変だと思います。
近代的な何かでルートを割り出して作業を行っていくのでしょうがすばらしい。
そこから道路が現れてくるんですよ。どうです。
黒部ダムとセットで観光されると良いと思います。
って、私は行った事はないですけどね・・・

あっでもこれほどすごくないですが我がふるさとの岩手県にもありますよ。
八幡平アスピーテライン・樹海ラインの山頂まで続く道路は、冬季閉鎖です。
黒部・立山と同じぐらいに除雪作業を行いこちらも4月の上旬から中旬の開通だと思いました。
松尾八幡平のページはこちらからどうぞ!

樹氷1樹氷&岩手山







ままさんを安比にいる頃に一度連れて行ったことがあります。
雪の壁は初めてのようで感動してたような気がする。
こちらはだいたい5~10mといったところでしょうか?
基本的に豪雪地帯でもなければ標高が日本アルプスのように高いわけでもありません。
しかし読んで字のごとく八幡平の山頂はかなりの範囲で平な山頂になっています。
蔵王に匹敵するぐらい樹氷は綺麗です。
蔵王の樹氷原もそうですが山頂の吹きっさらしがこのような幻想的な風景を作り出します。
よって冬季は道路に吹き溜まりの出来やすく交通不可能となるために閉鎖となります。
また、除雪費用もバカにならないでしょうからね。

開通後のゴールデンウィークの頃は何人かのグループで車で山頂までボードやスキーを持って上がり、一人は下まで下って待っている。
降りてきたらまた山頂まで上がり交代!
なんて車をリフト代わりにしてバックカントリー宜しく遊んだりしてますね。

あと私が知っているところでは八甲田ですね。
ここも雪の壁が出来るようですが、スキー場もあるので冬季閉鎖にはならないのかな?
一度行ったときにはやけに後藤伍長の銅像がでかくて不気味でした。
八甲田山という山は無いようでこの山域を八甲田山域というようです。
とても険しく、こんなところで重装備の何百人もの大パーティーを組んだら遭難しないほうがおかしいぐらいでしょうね。
日本にスキーが入ってきたのはこの八甲田の雪中行軍の遭難のニュースを聞いたノルウェーの人が、
「日本にスキーがあればこんな遭難は無かったかもしれない」と言う事で2本送られたのが最初だと聞いています。間違ってたらごめんなさい!

東京・神奈川には現在雪は積もっていないのでピンと来ないかもしれませんが、
雪国はまだまだ冬です。
これから徐々に雪が解け若葉が芽吹いて本当の春を迎えられるのは5月も後半になるのでしょう。
雪の中の渓流釣りもまたいいものです。
寒さと釣れなさに嫌気がさし敗退という事になると思いますが・・・
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://kenyujp.blog74.fc2.com/tb.php/432-866c482f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。