★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.04 道志/今倉山に登ってきました。
今倉山山頂優祐







今日は優祐と道志の今倉山1470m(山梨百名山)へ行ってきました。
先週は旅行などでしばらく行っていなかったのと、新しい登山靴の処女航海にといってきました。

そりゃぁもう靴買ってから行きたくて行きたくてうずうずしちゃって・・・
でも靴だけだから雪山は行けないし、やっぱり近くの里やまかなぁと・・・
そうなるとあまり意味を成さないわが靴!!

まっ慣らしに半年から1年ぐらいといわれたので、どこへ行くのもこれで行くつもりですが。
さすがに靴底が硬いものだけあって歩きやすかったってのが感想。
自分にはあっているようでした。
***********************************

名称未入力

朝5時起床優ちゃんウンチに連れて行く。
準備後5時半出発。
道志に向かうにつれ山は白く雪化粧です。
国道413号(道志道)を山中湖方面へ進み道志郵便局を過ぎ最初の信号を右折。

道志山道志道路朝







結構降った様で道路も凍結していました。

道なりに進むと道志隋道トンネルがあります。
ここをくぐると右側に5・6台の駐車スペースに駐車して登山開始(7:00)

登山口今倉山・二十六夜山登山口!







思いがけない雪に優祐君大興奮!!
はやる気持ちを抑えながらとりあえず優祐君朝食です
私は、ウィダーインゼリー(エネルギーイン)を食べながら登山準備です。

まだ誰も登っていないようでトレース跡なし(トレースってほどではないです)
がしかし、最初に足跡をつけるのは気持ちのいいものでやる気が出ます
ちょっと道迷いしないか不安ではありましたが優祐隊長に任せてみましょう。

登山開始道登り始めはこんな感じの林の中を進みます。







その後トンネル反対側からの道と合流道を左に進むと少し急坂になって行きます。
一気に林間を稜線まで高度を上げます
おかげさまでいい汗をかかせてもらいました

稜線1稜線2







稜線に出るとすばらしい天気で山道も明るく歩きやすくなります。

最近出かけるたびに結構晴れてくれる優祐君楽しそうです。
つけ!と言おうが、ゆっくり!と言おうが、名前を呼ぼうがお構いなしでサッサ行ってしまいます
大声で怒られて初めて戻ってくるなんともおそまつ・・・
そのときはシュンとなるけど、ヨシ!と言うとまた元どうり・・・
久しぶりの雪に大はしゃぎでした。

ここからも急坂は続きます。
なかなかどうして手ごわい山道ですが、新しい靴は快適そのもの
いい感じです。

だんだん高度が上がるにつれ林の間から遠くの山々が見えてきます。
富士山も見えてとっても気持ちよく歩けました

富士山1







私の携帯FOMAなのですが依然使っていたDocomoがあるのを思い出しました。
FOMAは、こおいった山ではまったく使い物になりません
あまり考えたくないのですが万が一の場合に繋がったほうがいいのかなぁと考えてました。
今回これを使ってデュアルネットワークってのを契約してみました。
月額料を払っても損はないと考えました。

いいですね、山で携帯が使えるってのは安心すると言うか便利です。
思わずままさんに写メしてしまいました

雪深さ雪の深さ判りますか?







高度をあげるとだんだん深くなります。
約10cmぐらいですかね。風などで吹きだっまているところでは20cmぐらいありました。
急だし、すべるしアイゼンがあれば・・・と思いました。
慎重に登って約1時間40分で山頂到着です。
誰もいない僕らが最初の登頂者です。気持ちいいものです

山道優祐1山道優祐2







10分ぐらい休憩をして、甘栗太郎なんぞ食べながらのんびり。
優祐にもちょっとおすそわけです。

稜線3稜線4







優祐を先頭に赤岩方面へ。地図では展望がいいように書いてました。
その後二十六夜山へ行って戻ってくるつもりでした。

ご覧ください。赤岩からの富士山!
すばらしいです。

富士山赤岩どうです。







富士山方面の展望は最高でした。

その後向かおうとした先が急な岩場の下り。
優祐見るなり鼻ピー・・・むりだぁ・・・
ロープがあり、これを使わなければどうやら降りれないらしい。
クライミングよろしく私が行けても、優祐は無理!!
断念して引き返して、山頂で食事にすることにしました。

お昼きのこと野菜のたっぷりクリームスープにご飯を入れて見ました。







ちょっと塩味が足りなかったような気もするけどこんなもんでしょう。
その後、ココアを作りお菓子を食べてのんびりです

30分ぐらい休んで下山です。

帰りは雪も解けてきて急坂も滑りやすくなっていました。
がしかし、犬ってへいきなのかなぁ???
結構止まれたりしてるんですよね??
こっちがハラハラしてるのをよそに、優のやろう!!

とりあえず転倒、滑落することなく11:00無事下山!

終了車優祐優ちゃんもお疲れさん!!







所要時間4時間!!
なかなか楽しく、ちょっとはらはらスリルを感じた今回の山行でした。

今回は靴のお試しと携帯のお試し山行としました。
靴に関してはやはり良い物は疲れにくい、歩きやすいといいことずくし
最近は秋の赤岳登山に向け(予定は未定)ザックの中身を10kg以上にしています。
重いものを持っての山行も耐えられる様に長い時間も耐えられるよう。
何事も訓練!!こういった場合に結構威力を発揮してくれそうです。

携帯はやはり繋がってくれるに越した事無いですよね。
山行届けだし忘れで遭難なんかした日にゃぁ期待できます。
これもその場所で繋がればって事ですけど・・・
万が一がないように安全登山に心がけ続けて行きたいと思ってます。
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://kenyujp.blog74.fc2.com/tb.php/440-98655904
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。