★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.08 小さなYes
1980年12月8日衝撃的なニュースが飛び込んできたのは今でも記憶に残っている。
25年も前の事ですがTVの映像は目から離れません。
ザ・ビートルズのメンバージョン・レノン襲撃報道です。
1940・10・9~1980・12・8 40年の人生がたった銃弾4発に沈んだ日です。
ビートルズファンの私にとってはかなり衝撃的でした。

熱狂的ファンの精神異常による犯行という報道がなされていましたが・・・
ファンがいくら精神異常であったとしても銃撃するだろうか???疑問に感じていたが、
CIA関与説だとかいろいろな憶測があったが、この精神異常の熱狂的ファンも、
今では熱狂的ファンだったかどうか疑問が上げられるという事で否定されているようです。

オノ・ヨーコの目の前で銃弾5発うち4発がジョンの身体にめり込みました。
胸・肩・腕救急車を待たずにパトカーでルーズベルト病院へ搬送されましたが、
身体の約80%の血液がなくなっていたそうです。
輸血の甲斐も無く救急処置の甲斐も無くその夜息を引き取ったそうです。

今、オノ・ヨーコさんがジョン・レノン没記念の「小さなYes]という運動をされているそうです。
あなたの次の世代に残したい小さなYes!はなんですか??
家族であったり・友達であったり、感情であったり、言葉であったり。
いろいろあると思いますが、我々の残したい物が、次の世代へと受け継がれて、
争いの少ない平和な世の中が来る事を彼らが祈って反戦運動をしたように、
私達の身の回りが平和でも世の中のどこかで不幸になっている人たちも居る。
その事を一年に一度でも考えられる日があってもいいかなぁと思いました。
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://kenyujp.blog74.fc2.com/tb.php/862-c229f8ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。