★☆ blog@NO SIDE閲覧注意事項 ☆★です。
■フラット馬鹿と呼んで下さい。大樹で4頭目になります。長く一緒に暮らせれば嬉しいです。
■キャンプを始め愛犬とともにアウトドアな楽しみを模索しながら飼い主のフラット化を目指します(笑)
■2013年も始まりました。今年も楽しいワンコライフを送りましょう
■2003年生まれの子長生きしてくださいね。
■すこしづつUPしていきますので宜しくお願いいたします。
■最近はmixi、フェイスブック、ツイッターなど簡素化してきてますね。blog気合入れましょう(笑)
■競馬の予想たまにします。決して参考にしないでください。痛い目見ます。
■虎ファンのおいらは野球ネタも書きまっせ。勝っても負けても、虎命!
■こちらは自己満足で自己中心的に記事・コメント等をアップしております。
 表現に当たっては、適切でない部分もあろうかとは思いますが、未熟者ゆえ見逃してください。
 不平不満は有ろうかと思いますが、誹謗中傷等のコメントにつきましてはスパム報告後、即削除させていただきます。
 また、ご意見、ご忠告等のコメントに対しては返信しない事も多々ありますのであしからず。
 私は、犬を連れて登山をしますが、犬連れ登山に反対のご意見、ご質問のコメント等に対しても返信するつもりはありません。
    反対派も、賛成派も感情的になりすぎる、適切な表現が出来なくなる傾向にあるように思いますのでご理解ください。
 また、そのようなコメントもスパム報告、後即削除させていただきますので宜しくお願いします。
 そうです、聞かぬ、言わぬ、存ぜぬということです。
 そのような議論は他でなさってくださいますようお願いいたします。

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.27 秋山二十六夜山
二十六夜山山頂優祐昨日はままさん、お家のお仕事の後、そのまま宝塚をお母さんと見に行き夜まで帰らないとの事。
そして、私は、夜忘年会があって優祐はお留守番となりました。
夜になると一人でお留守番の多い優祐。
夜淋しい思いをせずに、寝て待っていられるようにと山登りに連れて行きました。

今回は、山梨県上野原市秋山。元の秋山村にある秋山二十六夜山です。
同じ名前で道志にもあるようですがこちらは山梨百名山の一つらしい。

最初は相模湖の石老山に登ろうと思ったのですが流石にシーズンで駅から近い都内から近い。
というので、のっけから登山者が多いのでありました。
そこで、こういうことも想定してもう一つ選んでおいた今回の山に行く事にしたのです。
こちら登山道が、二ヶ所あり最初はバス停から近いという事でやはり登山者を発見。
やっぱりどこも多いかなぁと思いながらキャンプ場近くの入り口に向かいました。
本当はキャンプ場の下側に駐車場があるらしいのですが分からず、キャンプ場に入っていったのが幸い。
キャンプ場のおじちゃんに山を登りたくて駐車場を探している旨を話すと快く駐車を了解してくれた。
有難うございます。
ココは登山口のすぐ下感謝感謝です。
という事で先行者もないようなので登山開始です。優祐もおおはしゃぎでした。
今回の行程
7:30出発→なんだかんだと9:10登山口到着
9:30登山開始→9:50あずまや→10:30第一ピーク
10:50休憩ご出発→11:20山頂到着→お昼休憩
12:00下山開始→13:00あずまや→13:30無事下山
山道登山口






登山口(左)あずまや・第一ピークまでの登山道(右)こんな感じ
キャンプ場から登山口までは別荘の中を歩きます。この登りも結構きつかった。
登山口からは更に山道の急斜面。あずまやまで尾根道の登山道が続きます。
その後少し緩やかになりますが、また急斜面が第一ピークまで続きます。
登山道はほとんど尾根道で狭かったりひろかったりでした。
大汗かいてゼイゼイいいながら足にきながら登ります。
優祐はとりあえず楽しそうに、でもなかなか息が上がってました。
何とかかんとか1時間かけて
第一ピークに到着です。

ピーク景色ピーク優祐






左が秋山村(元の)の景色です。
右はピークでの優祐。石見つけては遊び、枝見つけては遊び・・・
少しは休めよって感じでしたが・・・でもいいんですよねこれで。

休憩後、今度は山頂に向けて出発。

山道2山道3






左、山頂までの尾根道。ココが一番楽しく体力的に楽だった(約10分ぐらいかな)
右、山道を右折すると山頂。その山頂まではこんな感じの熊笹の細い道です。(5分ぐらい)

第一ピーク後少し下り、赤鞍ヶ岳との分岐からまたまた急坂!
今回の登山道は泣きが入るぐらいきつかった・・・
尾根道の所々に難所があり、優祐をコントロールしながら細心の注意を払いながら登りました。
難所の下は崖です。滑落されては大変なので選んだ山を悔やみましたが、優祐も難なくクリアしてくれました。
コマンドでコントロールしたり、リードをつけてコントロールしたり。
2箇所ぐらい意外は安全です。
この急坂の難所を過ぎると穏やかな尾根道が続きます。
ココでは優祐も弾けまくってました。
そしてやっとこさ山頂です。
しかし木々に囲まれて眺めを楽しむというものではありませんでした。
でも達成感と言うか「やったぁ~」って気にさせられたかなぁ~・・・

山頂景色昼ご飯






左、山頂はこんな感じです。狭かったけど我々だけの山頂でした。
右、山頂でお昼。今回はコンビニで調達して行ったスープご飯けんちん風です。
外で食べるのは何でも美味い。
この間優祐はあたりの探索。楽しそうにウロウロしていました。

山頂優祐2ご満悦の優祐君。






30分ぐらいのんびりして、あずまやまで一気に下りコーヒータイム。
その後はまた一気に下山です。
急坂の下りに細心の注意を払いながら、下りで弾ける優祐をコントロールしながら頑張って下山してきました。
優祐も聞き訳が良くこっちの言う事も良く聞きいい子で下山してくれました。
登りに10人ぐらいの団体とすれ違いましたが多分最初の登山道で見た人たちでしょう。
それとおばちゃん2人。比較的静かな山でした。
殆ど優祐を危険箇所と、登山者とのすれ違い時意外は、ノーリードで登り下りしました。

今回は下見も何も無く(いつも無いが)こんなに急坂の登りばかりだと思わずエライ事になってました。
おかげで、筋肉痛直前です。

帰りにキャンプ場のおじさんにお礼を言って帰りたかったのですがいなかった。
この場を借りて有難うございました。

1時間半ぐらいで帰りは我が家に到着しました。
おかげでグッスリ寝ていたようで、今日もお疲れのようで家では寝てばっかりでした。

これで優祐君四山目登頂です。
今回は972mと比較的低山ですが高低差は結構あったような気がします。
雪降る前にもう一度ぐらいどっか登りたい・・・かな・・・

スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://kenyujp.blog74.fc2.com/tb.php/864-bae76009
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。